カードローン審査に通らない?審査落ちの不安要素とは?

カードローン審査に通る秘訣とは?

 

カードローン審査に通る秘訣があったら知りたい、誰でもお金を借りる前にはこう考えます。お金借りる方にとって、お金を本当に借りられるかどうかは重要なポイントです。

 

カードローン審査前に避けたほうがよいこと、注意点を見ておきましょう。

 

一度に複数のカードローンに申し込む

借りたい気持ちが先行したり、どのカードローンがよいのか絞れなかったりした時に、複数の申し込みをしてしまうことがあります。

 

気持ちはわからなくもないのですが、これは借りられる可能性を逆に減らしているかもしれません

 

記録が残る

信用情報機関には、申し込み記録もすべて残ります。申し込み数が多いと、金融機関はお金に困っていると思い、返済できる可能性も低いのではと判断されれば当然審査には通りません。最悪「申し込みブラック」になるかもしれません。

 

属性にちょっと色をつける

ついやってしまいがちなものに収入を多めに、勤続年数を長めに、借入件数や借入額は少なく書いてしまうことがあります。しかし、本当のことを書いていないと分かってしまうと、信用は低くなってしまいます。信

 

用度は重要です。嘘の報告は本人は悪気がなかったとしても虚偽扱いになり審査に通りません。

 

申し込み前の転職はしない

カードローンではとにかく収入の安定が重視されます。一定額以上の収入が継続していないと、返済能力がないとみなされてしまうでしょう。勤続年数があまりに短いと、審査には通りにくくなります。

 

半年以上の勤続年数が必要といわれているため、申し込み直前の転職は避けましょう。

 

カードローン審査は、一つの点だけを見て可決と否決が決まるのではありません。審査で信用度が上がるポイントを押さえて申し込みましょう。

 

口座なしでもカードローンは可能なの?

 

口座なしでも借り入れができるのか、といった利便性の面から比較検討をしてみるのもよいといえます。カードローンおすすめはこちらです。

 

たとえば銀行系のカードローンであれば、通常はその銀行に口座を開設していることが条件です。しかしなかには口座なしであっても可能な銀行もいくつかあります。

 

消費者金融系のカードローンであれば、口座なしでも借り入れができるのが一般的です。消費者金融のカードローンは、専用のカードが特になくても借り入れや返済ができることがあります。むしろ最近は、カードレスが多いかもしれません。

 

また、自動契約機でカードを発行してもらうことも可能です。

 

たとえば、自宅に郵便物が届くのがいやでカードの発行をためらっているといったケースには、カードレスでの取引ということではなく、自動契約機を活用するというのもひとつの方法であるといえます。

 

カードレスが主流とはいえ、ローンカードは持っていたい人は多くいます。

 

審査に通りやすい人の特徴

カードローン審査に通りやすい人は理由があって審査に通ります。もちろん、属性は簡単に変えられないものですが、知っておくだけでも審査に臨む際のメリットになるので参考にしてください。

 

安定した収入がある

カードローンでは収入の大きさ自体よりも、安定しているかどうかが大切です。毎月の給料額に大幅な増減があれば不安定です。毎月必ず決まった収入があれば安定しているとみなされます。

 

アルバイトの方も申し込みできるカードローンが多いのも、このためです。

 

勤務先が大企業や公務員

公務員などは収入の安定度が高いとみなされます。企業なら規模(従業員数など)も申し込み時には記載します。

 

持ち家か賃貸か

担保にするというわけではなく連絡のとりやすさから、信用度が高まるといわれています。また居住年数の長さも信用度では重視されます。

 

勤続年数が長い

3ヶ月より3年勤務の方が信用度は高くなります。ですから、転職直後の申し込みは避けたほうがよいですね。

 

家族と同居・既婚の方

返済せずにいなくなってしまう恐れが少ないことから、信用度が高くなります。

 

ただし、既婚で子どもがいる方の場合、返済に充てられる金額が低くなる可能性が高いことから限度額が低めの設定になることもあります。

 

固定電話がある

以前ほども重視されなくなっていますが、あればプラスになる可能性が高いです。連絡は携帯にしてほしい場合は、忘れずその旨を記入しておきましょう。

 

通りやすい条件をすべて満たしている方も、延滞履歴など様々な理由で、審査通過できないこともあります。

 

カードローンの申し込み先を分散させるメリットってあるの?

カードローンの申し込み先を分散させるメリットはあるのでしょうか?

 

カードローンは4社以上に一度に申し込むと、申し込みブラックといわれる、お金に困っていて返済できない状態と判断されることがあります。

 

つまり、信用情報機関に記録が残る半年の間は、多くても3社までの申し込みにしておいたほうがよいのか…についてですが、あまりおすすめはしませんが、しかしながらどうしても必要に迫られて複数申し込みする人もいると思います。

 

仮に最大3つのカードローンに申し込めると考えた時に、すべて銀行カードローン、すべて消費者金融と限定してしまわないほうがよいと思います。どの金融機関にも申し込みできる方なら、銀行、消費者金融など分散させて申し込みましょう。

 

審査基準を申し込み者は知ることができません。ただ、公表されている審査通過率には違いがあります。

 

属性にも違いがあるので、審査通過率が高いなら通りやすいと答えを出してしまうことはできませんが、ただ大凡の予測はできます。

 

また、審査時間と借入までの時間なども含めて、申し込み先のカードローンをピックアップすることになります。

 

その時に、

  • 「絶対銀行のほうが安心できる」
  • 「消費者金融じゃないと間に合わない」

と断定してしまうことは避けましょう。

 

消費者金融も銀行グループに属していたり、営業年数がとても長かったりと、安心して申し込めるようになっています。ただし、現状は今すぐお金を借りたい人にとっては銀行カードローンの選択肢はなく消費者金融一択となります。

 

申し込み先は、銀行と消費者金融など、分散させて申し込みましょう。

 

カードローンの申し込みから借入までの流れを解説

カードローンでは、申し込みをしてから審査を挟んで借入までの流れがあります。審査が終わった段階でお金を借りられるわけではありません。

 

申し込み方法が変わっても、審査方法は変わりません。申し込み方法の違いによって起こる借入までの時間の違いは、審査の違いによるものではないのです。

 

申し込みから借入までの流れを知っておくと、急いでいる場合にも不安が解消されるでしょう。また最短で借入するためには、どうすればよいのかもわかります。各カードローンでは、流れは似ていますが少しずつ違いがあります。

 

サービスなどの違いによって、自分の最適借入方法を見極めておくとよいですね。希望のカードローン会社の公式サイトで事前に確認しておくとよいでしょう。

 

またカードローンは、借入をして返済が終わっても、解約しない限りはまた利用できます。年会費なども必要ありません。

 

審査に通るまでは不安もありますし、焦ってしまうことで違法な業者に申し込む原因になりかねません。流れを知ることは利用者にとってメリットは大きいでしょう。

 

カードローンの必要書類は保険証よりも免許証が有利?

申込書に記入された項目の一つ一つが属性となりますが、点数の合計点でスコアリングによる自動審査が行われた後は、本人確認書類は必須ですので予め免許証などの本人確認書類を用意しておきましょう。

 

カードローンの申し込みには本人確認書類の提出が必要です。その本人確認書類は基本として運転免許証になりますが、持っていない場合には保険証でも対応が可能です。

 

ところが保険証よりも運転免許証の方が審査に有利であるとも言われている、その理由をご説明しましょう。

 

本人確認は顔写真が何よりも勝る

インターネット申し込みが主流となっているキャッシング業界では、本人確認は重要なことです。顔写真付きの運転免許証であれば本人確認の大きな役割を果たします。

 

本人確認書類として公的書類であり、顔写真付きの運転免許証はそれ以上に勝るものはないのです。